トイレの水漏れトラブルの基礎知識

トイレの水漏れトラブルの基礎知識 トイレの水が流れたまま止まらなかったり、レバーやタンクから少量の水漏れが起きてしまうということは、比較的によくあることです。トイレタンク内の部品や配管どうしをつなげている箇所のシール材などは、永久に使えるものではなく、寿命があるからです。
トイレ 水漏れが起きてしまうと、多額の出費があるのではないかとか、音が気になるなどの精神面での影響も大きくなります。ここでは、トイレの水周りのトラブルがあったときの解決について紹介しています。基本的なことが分かっていれば、いざという時にも落ち着いて対処することができます。

■漏れている水が大量の場合の緊急処置について

トイレからの水漏れの量が多いときは、水浸しになることを防ぐために応急処置を行います。緊急処置の方法は、トイレタンクとつながっている給水パイプのところにある止水栓を閉めて水の流れを止めてしまいます。止水栓は、水道の蛇口のように開けたり閉めたりして水の流れを調整できます。止水栓は、マイナスドライバーで回転させるタイプのものもありますが、時計の張りが進む方向に回転させることで水が止められます。
もし、止水栓が固着して閉められないときは、住宅全体に水を供給している水道の元栓を閉めることでも水を止めることができます。水の流れを止めることに成功すれば、便器などからの水漏れも一時的に止まりますので、被害を最小限に抑えることができます。あとはプロの水周り工事の業者に連絡を入れて修理してもらいます。

■トイレの修理を依頼する業者の選び方
水漏れの修理をしてもらう業者は、水周りのプロである水道修理業者を選ぶのがおすすめです。トラブルの状況について電話で説明すれば、24時間いつでも対応してくれるところもあります。
電話帳で業者を探す場合は、住所と電話番号くらいの情報しか記載されていないことが多く、営業しているかどうかが分かりません。トラブルが発生した日に営業しているかどうかは、電話をかけてみないと分からないことになります。
これに対して、24時間体制でトラブルに対応している水道修理業者なら、毎日営業しており、日本全国のすべての地域が対応エリアです。そのため現場まですぐに駆けつけてもらえます。無料で相談や見積もりまでしてもらえる業者もいるので、緊急時には便利です。

■トイレの修理を水道修理業者に依頼する手順

まずは、トイレのトラブルの状況について相手に説明する必要があります。どの部分から水が漏れているのか、どのくらいの水の量が出ているのかなどを簡単にまとめ、メモにまとめておくと説明しやすくなります。
24時間体制の水道修理業者への連絡は、電話でするのがおすすめです。オペレーターが電話で状況について質問してくれるので、メモを見ながら回答していくだけで済みます。その後、名前や住所などの情報を伝えると、プロのスタッフが出動の準備をして、必要な器具や部品を持って自宅に向かってくれます。
担当のスタッフが自宅に来たら、水漏れしているトイレの現場に案内すれば、その場で見積もりなどを作成してくれます。修理内容について説明を受けて修理費用や工事内容に同意をしたら、その場でトラブル解決のための作業をはじめてくれます。

■まとめ
水周りのトラブルが発生したら、止水栓を見つけて、これ以上水が漏れないように応急処置を行います。その後、水が漏れている箇所や漏れの量などについて確認し、修理業者に状況を伝えることで水漏れの問題を解決してもらえるようになります。
24時間体制でトラブルに対応している水道修理業者なら、夜間や早朝、週末でも現場まですぐに駆けつけてくれるうえ、現場で見積もりまでしてもらえるので安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース